種類について

高齢者専用賃貸住宅に種類があるのはご存知ですか?目的や対象によって違い、大きく4つにわかれます。


<高齢者円滑入居賃貸住宅>

これは、高齢者の方の入居を拒まないと登録されたもので、民間業者によって設置されたものです。

費用等も全額自己負担です。


<高齢者向け優良賃貸住宅>

これは高齢者専用賃貸住宅の中でも段差が少なく、手すりが設置されているなど、高齢者の方に優しい配慮があると認定された賃貸住宅です。

こちらも民間業者によって設置されたものですが、市町村によって補助制度があったりしますので、一度ご自分の市町村の制度を調べてみたほうがいいかもしれません。


<高齢者専用賃貸住宅>

これは一番初めの高齢者円滑入居賃貸住宅のうち、専ら高齢者や同居配偶者を賃借人とする賃貸住宅として登録されたものです。

民間業者、医療法人等が設置したもので、全額自己負担です。


<適合高齢者専用賃貸住宅>

高齢者専用賃貸住宅のうち、部屋の面積や設備など一定条件をクリアしたものを適合高齢者専用賃貸住宅として介護保険法思考規則に定める届出をしたもので、要介護者に対して日常生活の世話や機能訓練等の世話を提供するもの。

民間業者、医療法人等が設置したもので、補助がでる部分があります。(サービス費の一割、その他一時金等)


どの条件が自分に合うか、4種類のものを比較し、しっかり選びましょう。