住まう利点

高齢者専用の賃貸住宅に住まう利点は、老人ホームや施設に入所するよりも費用面で安く抑えられることと、24時間スタッフが常駐しているため、安心感があることです。

そのほかにも、非常通報装置がありますので、具合が悪くなったときにはスタッフが駆けつけてくれます。

バリアフリーで段差が無く、お風呂場やトイレも車いすにも対応できるよう、広々としています。介護認定を受けている方でも入居でき、住宅を提供している側から居宅サービスをお願いすることも可能です(介護に関する費用は1割自己負担)。または、気心がしれている馴染みのヘルパーさんを取り入れることもできます。

高齢者専用賃貸住宅は、概ね65歳以上の方が対象となっており、ご夫婦の一方が介護が必要であれば、居宅サービスと奥様か旦那様で対応することもできますし、ご自宅にいるときよりも安心して暮らせるのです。

食事も提供されますが、ご自分で作られる場合は作って構いませんし、栄養バランスが心配な方は全てをお願いして良いかと思います。

食事の例


ここは施設ではありませんので、外出も自由ですし、お客様を呼ぶこともできます。かかりつけのお医者様が訪問診療してくれるなら、来ていただいても構わないのです。ただし、医療行為必要になったり寝たきりになったりした場合には退去せざるを得なくなりますので、新たに老人ホームを探す形になるでしょう。