家賃と契約について

マンションやアパートのように入居できる「高齢者専用賃貸住宅」ですが、気になるのは「家賃」やその他、いったいいくらあれば入れるのかということだと思います。

高齢者住宅財団によると、「前払家賃(敷金以外の一時金で、家賃に相当するもの、サービスに対する対価前払金など)を受領する場合は、算定の基礎が書面で明示されていることと、賃貸人または賃貸条件型サービスを提供するものが返還債務を負うこととなる場合に備え、所定の保全措置が講じられていること」とあります。わかりやすく言うと、敷金が意図的事故を出した際や家賃滞納時に当てられるものと似た意味になっています。

契約書も、賃貸借契約とは別に作られなければならないとされているものもあります。(賃貸条件型サービスを提供する契約を締結する場合)高齢者専用賃貸住宅を考えている方は詳細を調べておいた方がよいでしょう。

高齢者向けの住宅については、高齢者の居住の安全確保に関する法律で定められており、貸し主に対しては厳しい基準が設けられています。

健常者(語弊があるかもしれませんが、ある程度の不便があっても生活できるものとします)が生活するには多少不便であっても暮らすことはできますが、足腰が弱くなる、働けない、介護が必要になる方には優しいものでなければならないのです。