高齢者専用賃貸住宅についての情報

わたしは介護職員の仕事についています。
高齢者専用賃貸住宅は本当に住宅を提供しているだけのものと、介護保険サービスが受けられるものとあります。
住宅だけの提供でも、最低限の安否情報などはその会社によってまちまちですが、なんらかの設備や工夫を行なっているところが多いと思われます。
介護保険サービスも受けられるところは、外部から自分で契約をしている介護保険サービスを自宅で受けられるようになっています。
たとえば、訪問介護や訪問リハビリなど自宅まで来てくれてサービスを受けられるものなどがあります。
一般家庭の住宅と違うところはというと、将来的に介護が必要となった時に備えて、住宅設備などがバリアフリーだったり、介護をしやすい工夫をしていてくれたりします。
普通の住宅だと、住宅改修などが必ずと言って良いほどしなければいけなくなります。
普通に外へ出かけるにしても段差が気になったり、お風呂も浴槽をまたげなかったりと、日常生活が難しくなるからです。
そのような改修も、必要ないくらい高齢者専用賃貸住宅は介護向けになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です