公的機関のおかげで高齢者住宅に入居できた

今から1ヶ月ぐらい前に、私の親戚は賃貸住宅に住んでいました。
その住宅を紹介してくれたのは、隣の公的施設だったのです。

ある時に私の親戚は、倒れてしまいました。
足元が不安定になってしまい、頭を打ってしまったのです。
それで病院に運ばれた後に手当を受けましたが、要介護の状態になってしまいました。
しかも家では親戚が自力で介護をするのも困難だったので、近くの公的施設に相談してみたのです。

その後、色々なやり取りはありました。
かなり色々と話し合ったのですが、親戚の家は費用がかなり厳しいので、税金で高齢者用の賃貸住宅に入居する事になったのです。
いわゆる「やむを得ない状況」と判断されて、一時的に税金で面倒を見てもらう事になりました。
賃貸住宅の費用は、全額自腹だと思い込んでいただけに、少々驚きです。

ちなみに親戚は、最近は体調も少し良くなってきました。
将来的に介護が不要になったら、役所にお金を返すという話になっています。ですから困った時は、役所に相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です