気軽に入居しやすい

高齢になった母が、少し生活に自信がなくなってきたと吐露してきました。
仕事はもうしていないものの、日々の生活を送る事は健康でなければ出来ないと思いますが、膝や足腰が痛いといった関節の症状は加齢によって出てくるため、弱気になるのも仕方ないのかなと同情していました。

お金で解決出来るならと、食事の支度をしなくなるだけでも違うかと思い、高齢者用の住まいを探す事にしました。
全く仕組みが分からかったのですが、最近の物件では敷金や礼金もなし、更新手数料も取られない物件がある事が分かり、神奈川県三浦市にある高齢者専用賃貸住宅へ見学申し込みをし契約までしました。

高齢者専用賃貸住宅

最初のお金が要らないということは、生活してみて気に入らなかったら、次を探して転居する事が出来るので、気分的にも気楽に契約する事が出来て良かったです。
老人ホームというと何千万円もかかり、裕福な人しか入れないといったイメージや、寝たきりの人しかいないといった極端な印象しかありませんでしたが、再起因では色々な施設が出来ているのですね。
高齢化社会はこの先ずっと続くでしょうから、もっと身近にも高齢者専用賃貸住宅が出来ればいいのになと思った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です